楽天UN-LIMIT(アンリミット)はエリア外の田舎でもサブにはおすすめでは?

おいおいおい・・・7ヶ月近く放置してたぞ(-ω-)

外出自粛前から自粛してコミュ障の僕(@9wari_maefuriです。

 

本日は第4のキャリアとしてがんばっている楽天モバイル

その楽天モバイルの新サービス、楽天UN-LIMIT(アンリミット)1年間、今だけの限定と考えたらサブスマホとして優秀じゃね?って話です。

では、行ってみよう!!

スポンサーリンク

楽天UN-LIMIT(アンリミット)のメリット・デメリットを考えてみる

まず楽天UN-LIMIT(アンリミット)がサブスマホとして優秀かも?となった経緯を・・・

楽天UN-LIMIT(アンリミット)のメリット

  • 1年間データ使い放題(ただし楽天のエリアのみ
  • 国内通話無料(アプリを使用した場合のみ)
  • ポイント還元が結構イイ!!
  • 2年縛りや違約金などがない

条件はいろいろあれど、なかなか美味しいです。

 

では逆にデメリットは??

楽天UN-LIMIT(アンリミット)のデメリット

  • データ使い放題のエリアが劇的に狭い
  • エリア外のデータ使える要領は1ヶ月で5GB
  • iPhoneでは使えないことはないが自己責任になる

こんな所ですかね?

個人的には料金体系もシンプルなのは好意を持てますね!

 

で!肝心のエリアの問題!

普通に考えたら対象エリアかどうかで契約を考えるもの・・・。

 

自分の住んでる地域は対象エリアか確認したい方はこちらで確認してみましょう。

⇒ 楽天UN-LIMIT(アンリミット)のエリア

 

ちなみに僕が住んでる鹿児島のエリア状況はと言うと・・・

2020年5月現在・・・1ミリもエリア対象になってません(笑)

 

そんなエイア外の田舎住みでも何でおすすめなのか?

ここを個人の見解で解説していくよ!

スポンサーリンク

楽天UN-LIMIT(アンリミット)のエリア外でもサブスマホにはおすすめじゃね??

僕が住む田舎、鹿児島では楽天モバイルのエリア外

そのため先に挙げたメリットの1つ、データ使い放題ではありません

 

それでも今なら契約する価値があるかも?と判断した理由・・・

それは1ヶ月5GBと容量制限はあれど1年間無料なこと!

 

他のキャリアでも容量の制限はありますよね?

楽天モバイルだと1年間限定ではありますが、エリア外の田舎でも5GBは無料で使える訳です。

 

メイン端末を1年間限定でMNPして、1年後に他のキャリアに再びNMPしてもいい訳です。(ただしMNP転出手数料はかかる)

つまり1年限定なら、結構コスパがイイ!(´▽`)

 

じゃ~僕はNMPしたのか??と言うと・・・してない!

 

理由は単純で僕のメイン端末はiPhone SE(4インチモデル)

メイン端末は片手操作ができるコンパクトさが大事だから!

 

iPhoneでは自己責任になるけど使えるとネットでの情報はあるけど機械に詳しくない僕には不安しかない・・・。

僕の場合、androidスマホもネット環境用テザリングマシンとしてあるので、そちらで運用もできます。

SIMフリーの格安スマホ UMIDIGI A3 Updated Editionを購入したよ!

2019.07.27

 

なので僕の場合は無料で楽天UN-LIMIT(アンリミット)のsimを契約してサブスマホ化してしまうのがお得!

スポンサーリンク

そんな訳で楽天UN-LIMIT(アンリミット)を契約してみた!

今までのことをまとめると、楽天UN-LIMIT(アンリミット)のエリア対象外の田舎に住んでる僕でもサブスマホとして1年間無料で1ヶ月5GB使える!ことが分かった。

 

ならば契約するしかないよね?ってことで契約してみました!

結構、大きい箱に厳重に入ってます。

 

箱の中を見てみましょう!

はい、OPPA A5 2020です。

実はsimだけで契約せず、機種も購入ちゃいました(;´Д`)

 

・・・まぁ贅沢と言えば贅沢(笑)

でも理由があるのよ!

 

それは楽天UN-LIMIT(アンリミット)のメリットでも伝えたポイント還元!

このポイントにつられてOPPA A5 2020も購入しちゃいました(;’∀’)

 

だってね・・・

こんなにポイント還元してくれるんだよ!

 

sim契約だけでも事務手数料はポイント相殺して無料、オンラインで3000ポイントゲットできますが・・・

端末もセットで購入すると最大15000ポイント、更に還元される!

 

androidスマホを持ってる僕からしたらsimだけの方が1円もかからなくてお得なのですが、テザリング用のUMIDIGI A3 Updated Editionの気に入らない部分もチラホラ出てきた・・・。

 

なら新規端末を購入するべきでしょ!!

そんな訳でポイント還元で2番目に安くなる機種「OPPA A5 2020」も購入しちゃいました。

 

本当はRakuten miniが欲しかったんだけどね。

コンパクトだし、還元で最安値だし・・・。

 

ただeSim(簡単に言うとsimカードを入れる場所がないスマホ)だったので解約した後の運用ができないんだよなぁ・・・

しかもiPhone SE(4チンチ)よりも性能悪い・・・。

 

楽天UN-LIMIT(アンリミット)を解約した後もテザリング運用を考えると「OPPA A5 2020」が1番コスパが良かった!

裏モナSIM!300GB使える速度制限なしのモナWi-Fiを契約してみた!

2019.07.28

まぁ~それでも新機種が約1万5千円で購入できるのだからお得です。

 

ウキウキしながら開封!

おぉ!持ち歩くことはないだろうけど、やっぱ新しい家電はテンションあがる!!

 

で!楽天UN-LIMIT(アンリミット)のsimをスマホに差せば開通完了!

 

・・・

・・・・・・

・・・・・・・・・・simがないんだが??(;一_一)

 

いやいや、天下の楽天です。

きっとすでにsimスロットに入れてあるサービスなんでしょう!

 

なんて素晴らしいサービs・・・

simがない( ゚Д゚)

 

え?えぇ??なんだコレ??

なんでいつもこんなトラブルに巻き込まれるかな・・・( ;∀;)

スポンサーリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です